院長インタビュー

土田先生が歯科医師になろうと思った動機を教えてください。

元々、医療系の資格を取りたいと考えており医学部志望だったのですが、歯学部に入って学んでいく内に歯科医療の奥の深さに気づき、歯科医師になりました。

土田 規貴 院長

子どもの頃の患者としての歯科体験で、現在の臨床に活かしていることはございますか?

子どもの頃は、小児歯科専門医院でメンテナンスや唾液検査、筋機能訓練を行っていたため、むし歯は全くありませんでした。予防歯科の重要性は身をもって知っているので、それを皆さんにお伝えしていきたいと思います。

貴院はコンビニエンスストアや美容室が集まる集客施設の中にございますが、患者さんの年齢層や主訴について教えてください。

医院のすぐ近くに小学校があるためか、お子さんの矯正の需要が高いように感じます。また、近隣は住宅地であるため、高齢の方々も多くいらっしゃいます。

患者さんとのコミュニケーションで心がけていることを教えてください。

初診の患者さんの場合、事前に予診票をチェックすることは当然ですが、私は患者さんと直接お話しして心に寄り添うことを何よりも大切にしています。患者さんのお悩みを改善した後は、他に気にされている点をお聞きし、問題がなければ予防・メンテナンスに移行しています。

歯科も全身との兼ね合いを要求される時代になりましたが、基礎疾患(高血圧症・高脂血症・糖尿病等)を抱えている患者さんの診診連携について教えてください。

抜歯などの外科処置を行う際は、患者さんの病歴を確認し、かかりつけ医と連携した上で安心・安全な治療を提供しています。

消毒・滅菌など感染予防対策での設備の充実や気をつけていることについて教えてください。

当たり前のことですが、当院では感染予防対策にも力を入れています。患者さんのお口の中に入る器具はすべて消毒・滅菌を行い、患者さんごとに交換しています。患者さんに安心して治療を受けていただくため、消毒・滅菌室は外から見られるガラス張りになっています。

土田先生の今後の目標についてお聞かせください。

今まで以上に治療の幅を広げ、患者さんの様々なお悩みを解決できる歯科医師になりたいです。例えば、今は昔と比べてむし歯のお子さんが減っているため、歯並びを気にされるお母さんが増えています。私は矯正歯科の専門ではないのですが、患者さんのお悩みを聞き、専門医と連携を図るためには、ある程度の専門知識が必要です。これらのことを意識し、日々の診療・勉強に取り組んでいます。

越谷市で歯科医院をお探しの方へ、一般歯科、予防歯科、矯正歯科、インプラント、歯周病治療など様々な治療に専門的にお応えする西方ファミリー歯科は土日も診療を行い通いやすくしっかりとした治療を行える歯科医院です。