妊娠トラブル対策は、歯周病予防から?

イルカがマークの西方ファミリー歯科の理事長の金子です。

昨日の夕方以降は、少し寒かったですね。

本日のお話しは、歯周病原菌が出産に悪影響を及ぼしているという内容です。

デンタルプラークの中には、女性ホルモンを好む菌がいます。

具体的には妊娠で作られたホルモンを栄養にして増えた菌の毒素によって歯肉に炎症を起こします。

更に歯肉から出血を起こさせます。

常にプラーク量が少ない状態にしておけば問題はありませんが、忙しい日常生活の中では難しいかと思い

ます。

ご自分で補い切れないお口のお手入れを歯科医院でチェックして、汚れ等を除去してもらいましょう!

皆様によくご説明をしていますが、ホルモンの影響でわずかなプラーク量で出血してしまうという例です。

思春期の女性にも同様な現象が起こりますが、プラークを一定量以下にしていれば大丈夫です。

プラークは完全には取り除くことは出来ませんし、また、少量のプラークは歯牙の保護の為には必要です。

なのでプラークコントロールと表現する理由はここにあります。

プラークの量を増えすぎないように調整していきましょうという事です。

出血が起こると更に血液成分を栄養とする色々な歯周病原菌も増加してしまいます。

そういった種類の菌がつくる毒素は、歯周組織から血流に入り込みます。

そして子宮に到達し、早産や低体重児出産の原因を作ります。

歯周病がある妊婦さんの早産の割合は、ある論文によりますと歯周病のない妊婦さんに比べると2倍以上

です。

低体重出産の割合は、更に高く4倍ほどもあるようです。

更にある論文では、切迫早産妊婦さんの羊水中にも歯周病原菌が見つかるというデーターを示してます。

妊娠する前から早産や低多重出産の予防を意識して、歯科医院での定期健診を受けてお口の健康維持に

取り組みましょう!

越谷市でjは、歯周病健康診断と妊婦健診・産婦健診を行っており越谷歯科医師会で請け負っております。

登録歯科医院で是非、検診を受けましょう!

 

 

 

 

 

★ 越谷市西方の西方ファミリー歯科について ★
当院では、おくちの中に関する色々なトラブルや気になる事がある方々に最新の医療サービスを行っております。  来院される方全員には、なるべく痛みのない治療を心がけております。 具体的には、表面麻酔を塗布後に電動注射器等を用いて細い針で時間をかけてゆっくりと麻酔をしていきます。歯並びの気になる方々には矯正の専門医による歯列矯正、入れ歯が苦手な方々にはインプラント専門医によるインプラント治療をご提供しております。
スポーツを行う方々には、お子様も含めてスポーツマウスガードの製作、調整、栄養指導をご提供しております。
綺麗な白い歯をご希望の方々には、特別な光照射器を用いたオフィスホワイトニングやご自宅で時間をかけてゆっくりと行って頂くホームホワイトニングを歯の色調を写真と機器を用いた数字で表記し、数値と見た目の白さでご確認して頂いております。
歯周病が気になるあるいは心配な方々には、口腔内規格写真撮影法で (デジタルカメラで) お口の中の記録を取りながら行う歯科衛生士による歯周病治療とメインテナンスをご提供しております。
むし歯が気になる方々やむし歯が心配な方々には、虫歯の原因が簡単に分かる唾液検査(実費1000円)やダイアグノデントという痛みも副作用もない機器でのむし歯の進行程度を確認 (無料) してフッ素塗布をご提供しております。                                                       かみ合わせや顎の違和感や顎の雑音が気になる方々には、ミクロン単位でのかみ合わせ調整や顎関節の治療、お口周りの筋肉のマッサージ (無料) をご提供しております。
入れ歯を入れている感覚があまりないチタン床義歯、見た目が気になる方には、金具がない入れ歯治療をご提供しております。、
来院が難しい方々には、訪問歯科診療や施設訪問歯科診療等をご案内しご提供しております。

多岐にわたりご要望にお答え出来るように日々研鑽に努めております。                      

土日の休日診療も行っております。 宜しくお願い致します。

越谷市で歯科医院をお探しの方へ、一般歯科、予防歯科、矯正歯科、インプラント、歯周病治療など様々な治療に専門的にお応えする西方ファミリー歯科は土日も診療を行い通いやすくしっかりとした治療を行える歯科医院です。