正しい噛み合わせの治療とは?

イルカがマークの西方ファミリー歯科の理事長の金子です。

本日のお話しは、噛み合わせの悪くなる原因を理解して、セルフチェックを行って噛み合わせを確認したら

次は、対処方法についてです。

まずは、人工物が入っていて噛み合わせがズレている方や歯を抜いてそのままの方は、ブリッジ、義歯、

詰め物の噛み合わせの高さを調整、あるいは新しく作り直します

歯は、元々、咬みあっているお蔭でその位置が保たれています。

具体的な例としては、乳歯が最初に下の前歯に生えてきます。

この時点では、上の乳歯が生えていないので噛み合わせはまだありません。

次に上の乳歯が生えてきて下の乳歯とぶつかります。

ぶつかって接触している位置が噛み合わせの位置です。

このようにして咬みあっている位置で噛み合わせが決まってきます。

咬みあう相手(対合の歯)がいない歯は抜け出てきてしまいます。

歯が伸びてきているイメージがあるかと思いますが、抜け出てきて最後は、反対側の歯肉に当たってしまい

痛くなってしまいます。

この例でよくあるのが、上の親不知が下の歯肉に当たるので下の親不知が痛いという主訴ですが、

原因は上の親不知です。この場合は、上の親不知の噛み合わせを調整すれば、痛みはなくなります。

後日上の親不知を抜くかどうかは、本人の希望次第です。

話が少しそれてしまいましたが、実際に抜いた場所に何も入れずにいても歯が倒れたり、スペースが確保さ

れたままの方がいらっしゃいますが、このケースに相当します。

しかし、通常はスペースが空いているところに他の歯が動いてしまい、噛み合わせが更に悪くなってきます。

被せ物が高いと気がついても低い場合には気がつきにくいです

その結果、噛み合わせがズレたまま時間がたち、様々な症状が出てきてしまいます。

保健の銀歯に限らず、最近の保険外の白い被せ物は、かなり強度が高い為、自然に摩耗しません。

やはり噛み合わせの調整が必須となります。

以前のブログでも書かせて頂きましたが、20ミクロンのズレで敏感な方は、不定愁訴が出てきてしまいま

す。

対症方法の一つとしての生活習慣については、次の回にお話ししますが、まずは通常の歯科治療をかかり

つけの歯科医院で確認してもらいましょう!

 

 

 

★ 越谷市西方の西方ファミリー歯科について ★
当院では、おくちの中に関する色々なトラブルや気になる事がある方々に最新の医療サービスを行っております。 来院される方全員には、なるべく痛みのない治療を心がけております。 具体的には、表面麻酔を塗布後に電動注射器等を用いて細い針で時間をかけてゆっくりと麻酔をしていきます。歯並びの気になる方々には矯正の専門医による歯列矯正、入れ歯が苦手な方々にはインプラント専門医によるインプラント治療をご提供しております。
スポーツを行う方々には、お子様も含めてスポーツマウスガードの製作、調整、栄養指導をご提供しております。
綺麗な白い歯をご希望の方々には、特別な光照射器を用いたオフィスホワイトニングやご自宅で時間をかけてゆっくりと行って頂くホームホワイトニングを歯の色調を写真と機器を用いた数字で表記し、数値と見た目の白さでご確認して頂いております。
歯周病が気になるあるいは心配な方々には、口腔内規格写真撮影法で (デジタルカメラで) お口の中の記録を取りながら行う歯科衛生士による歯周病治療とメインテナンスをご提供しております。
むし歯が気になる方々やむし歯が心配な方々には、虫歯の原因が簡単に分かる唾液検査(実費1000円)やダイアグノデントという痛みも副作用もない機器でのむし歯の進行程度を確認 (無料) してフッ素塗布をご提供しております。                                                       かみ合わせや顎の違和感や顎の雑音が気になる方々には、ミクロン単位でのかみ合わせ調整や顎関節の治療、お口周りの筋肉のマッサージ (無料) をご提供しております。
入れ歯を入れている感覚があまりないチタン床義歯、見た目が気になる方には、金具がない入れ歯治療をご提供しております。、
来院が難しい方々には、訪問歯科診療や施設訪問歯科診療等をご案内しご提供しております。

多岐にわたりご要望にお答え出来るように日々研鑽に努めております。                      

土日の休日診療も行っております。 宜しくお願い致します。

越谷市で歯科医院をお探しの方へ、一般歯科、予防歯科、矯正歯科、インプラント、歯周病治療など様々な治療に専門的にお応えする西方ファミリー歯科は土日も診療を行い通いやすくしっかりとした治療を行える歯科医院です。