歯並びと歯の痛みについて ①

イルカがマークの西方ファミリー歯科の理事長の金子です。

一向に雨が降らず乾燥した気候が続いていますね。火事も起こりやすいので皆様、火の元には十分注意し

てください。 

本日は、歯の痛みが、噛み合わせの悪さが原因である場合があるというお話しです。

歯並びが悪い方は時折、奥歯に痛みが起こる事があります。 具体的には、前歯が咬みあっていない方に

多いですね。 オープンバイトと言われる不正咬合です。 文字通り前歯が上下咬みあっていない状態です。

当然、奥歯の負担が通常の噛み合わせの方よりも強くなります。 其の為、オープンバイトの方に喰いしばり

があると、奥歯に更に負担がかかり歯が痛いだけでなく歯牙の一部が欠けたり、割れたりします。

そうしますと色々と治療が始まってしまいます。 治療が終わって一段落かと思いきやまた歯痛が始まります

原因は、不正咬合からくる、噛み合わせの悪さに喰いしばりが加わった結果なので治療しても治りません。

治療は、いつも対症療法になってしまいます。 むし歯も治療しただけでは再発します。食事と歯ブラシの改

善を必要とします。 そこで上記のような症状が出始めている方には、スプリント(保険で出来る喰いしばり

防止のカバーです)をお勧めします。保険で作れるもので、費用も3割負担の方で3000円位です。

喰いしばりがあまり強くなければ半年~1年間は使用出来ますが、強い喰いしばりの方ですと3カ月で

固いプラスチックが割れてしまう事があります。これは使用してみませんと分かりません。

また他の種類の不正咬合でも同様に歯痛等が噛み合わせのズレにより起こります。 

噛み合わせのチェック並びに矯正可能であれば矯正専門医に相談しましょう! 

無益な治療や歯牙を抜くことを防げて歯痛も起こらなくなります。

 

越谷市で歯科医院をお探しの方へ、一般歯科、予防歯科、矯正歯科、インプラント、歯周病治療など様々な治療に専門的にお応えする西方ファミリー歯科は土日も診療を行い通いやすくしっかりとした治療を行える歯科医院です。