舌の動きと噛み合わせ

イルカがマークの西方ファミリー歯科の理事長の金子です。

本日のお話しは、舌と噛み合わせについてです。

噛み合わせのズレを確認する時に舌の動きを確認する事があります。

理由は、片方噛みを確認する為です(どちら側で食べ物をよく咬んでいるかを確認するため)

舌の機能は、話したりする他にも、食事の時に頬と合わせて食べ物を歯の上に乗せて行きます。

余談ですが、歯が無い期間が長い患者さんに入れ歯を入れると、最初、頬を良く咬んでしまう

事があります。これは頬が膨らんで食べ物を舌にもっていくためで、入れ歯が入っている事に慣れ

てきて、咬まなくなる場合も多いですが、入れ歯の微調整で(入れ歯のすそ野を何mmか広げま

す)頬を咬まなくなります。

実際、患者さんの噛み合わせを確認した後に、舌の動きを調べます。

具体的には、お口を開けてもらい、舌を前に出してもらいます。(べーという感じです)

すると、舌の先端から側面にかけて形が膨らんでいたり、大きかったりしますのでその形で

左右どちらで噛む事が多いかを判断します。私の臨床経験上、均等な形をしている方は少ないよう

な気がします。

また、舌の大きさによっては、舌の機能訓練も必要になります。鍛えられていない舌は弛んでいる

ので下の顎のスペースを広げてしまい、歯列不正の原因になります。

矯正を行う場合は、必須になりますが、どなたにでも必要で、また簡単に鍛える事が出来ます。

具体定期には、舌を鳴らす、舌を立ててお口の上下の開閉を邪魔して舌の筋肉を鍛えます。

舌を鍛えると関連する筋肉も鍛えられるのでお顔のバランスも良くなるかもしれません。

顎の下のお口を開ける筋肉の他にも舌の運動も行う様にすると、咬み癖にも良い影響がでます。

高齢の方にも機能訓練として、あいうべ~体操はかなり効果的だと思います。

顔のゆがみと飲み込む機能向上と噛み合わせの改善の為にも舌の運動を行いましょう!

 

★ 越谷市西方の西方ファミリー歯科について ★
当院では、おくちの中に関する色々なトラブルや気になる事がある方々に最新の医療サービスを行っております。 来院される方全員には、なるべく痛みのない治療を心がけております。 具体的には、表面麻酔を塗布後に電動注射器等を用いて細い針で時間をかけてゆっくりと麻酔をしていきます。歯並びの気になる方々には矯正の専門医による歯列矯正、入れ歯が苦手な方々にはインプラント専門医によるインプラント治療をご提供しております。
スポーツを行う方々には、お子様も含めてスポーツマウスガードの製作、調整、栄養指導をご提供しております。
綺麗な白い歯をご希望の方々には、特別な光照射器を用いたオフィスホワイトニングやご自宅で時間をかけてゆっくりと行って頂くホームホワイトニングを歯の色調を写真と機器を用いた数字で表記し、数値と見た目の白さでご確認して頂いております。
歯周病が気になるあるいは心配な方々には、口腔内規格写真撮影法で (デジタルカメラで) お口の中の記録を取りながら行う歯科衛生士による歯周病治療とメインテナンスをご提供しております。
むし歯が気になる方々やむし歯が心配な方々には、虫歯の原因が簡単に分かる唾液検査(実費1000円)やダイアグノデントという痛みも副作用もない機器でのむし歯の進行程度を確認 (無料) してフッ素塗布をご提供しております。

かみ合わせや顎の違和感や顎の雑音が気になる方々には、ミクロン単位でのかみ合わせ調整や顎関節の治療、お口周りの筋肉のマッサージ (無料) をご提供しております。
入れ歯を入れている感覚があまりないチタン床義歯、見た目が気になる方には、金具がない入れ歯治療をご提供しております。、
来院が難しい方々には、訪問歯科診療や施設訪問歯科診療等をご案内しご提供しております。

多岐にわたりご要望にお答え出来るように日々研鑽に努めております。

土日の休日診療も行っております。 宜しくお願い致します。

越谷市で歯科医院をお探しの方へ、一般歯科、予防歯科、矯正歯科、インプラント、歯周病治療など様々な治療に専門的にお応えする西方ファミリー歯科は土日も診療を行い通いやすくしっかりとした治療を行える歯科医院です。