予防歯科

治療後は、
歯を守って歯の寿命をのばす

私たち歯医者も、治療に来院された患者様も治療が終わることがゴールではありません。
一生、健康な歯ですごせるようにするにはどうあるべきか?
そこには気軽に来院できる、かかりつけの歯医者の存在が欠かせません。金子歯科医院は厚生労働省に認定された「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」です。全国約7万件の歯科医院の16%程度とされる認定制度で、歯だけを見るのではなく、ときには他の医療機関などとも連携し、必要に応じて適切な歯科医療サービスを提供できる歯科診療所が「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」です。

care

年をとっても健康な歯を。

虫歯予防で歯の寿命はのびる

虫歯や歯周病など歯の治療を終えてから、虫歯予防はお家の歯磨きだけでは十分ではなく、また食生活によってもお口の中の状態は様々です。歯の健康を維持するためには、かかりつけの歯医者が欠かせません。金子歯科医院ではいつまでも健康な歯で食生活をを楽しんでいただくために、「予防歯科」と「定期健診」をおすすめしています。実際、2年以上通院されている方については治療するところがほとんどありません。

金子歯科医院のメンテナンス

早期発見

早期発見

むし歯を初期の発生段階で、レーザー光線で簡単に見つけることができます。波長656ナノメートルのレーザー光をあてると、歯のエナメル質や内部の象牙質のむし歯の部分にその部分だけが蛍光色を発します。0~99までの数値で表示、困難だったC0、C1、という初期の段階での測定は簡単で、痛みも副作用もまったくありません。(保険適用)

歯を強くする

金子歯科医院のメンテナンス

フッ素コーティング(保険適用)

フッ素は、歯を硬く強くし、むし歯になりにくくするための予防です。
フッ素を歯の表面に塗ることで、歯の再石灰化を促進し歯を強くしたり、虫歯菌の働きを弱め酸をつくるのを抑えたりするることができます。フッ素塗布は定期的に塗布することが有効です。厚生労働省より「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」に認定されている当院では、子どもだけでなく大人も毎月フッ素塗布に健康保険が適用されます。
フッ素塗布は特に、歯が生えて間もないお子様のむし歯予防には非常に効果的です。歯磨きとフッ素の力を合わせていくことで、虫歯になりにくい環境をつくっていきます。

歯垢をしっかりと落として清潔なお口の環境

歯垢をしっかりと落として清潔なお口の環境

PMTC

簡単に表現すると、プロの歯科によるお口の中のクリーニングです。
PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)は、歯科医や専門の歯科衛生士などが行うお口の清掃プログラムのことです。
歯や歯肉の清掃を専門の器具を使って丁寧に行いますから、予防効果が高いだけでなく、とても気持ちがいいものです。痛みなどはまったくありません。

むし歯や歯周病はプラークが原因で引き起こされる疾患ですが、歯の表面に付着したプラークは「細菌バイオフィルム」といわれる、多種多様の細菌が複雑にからみあってきわめて安定した集落をつくり、一種の共棲関係にあるような状態をいいます。このフィルムは、細菌が分泌する多糖体に守られ、強力に付着するため、歯ブラシではなかなか取り除くことができません。
PMTCは細菌バイオフィルムをはがしとる最も効果的な方法です。

スケーリング・ルートプレーニング

スケーリングとはスケーラー(あるいは超音波スケーラー)と呼ばれる金具を使って、歯石や歯についたプラーク(歯垢)、付着物を除去する予防治療です。
ザラザラした歯の歯石をとると、歯垢もたまりづらくなり、歯石→歯垢→虫歯という悪循環を断ち切ることにつながります。
さらに、スケーリングが終わった後、ルートプレーニングという、歯根表面の歯垢によって汚染・軟化したセメント質や象牙質を除去し歯根面を硬く滑沢な面に仕上げをします。

お家でセルフケアのアドバイス

お家でセルフケアのアドバイス

プラークコントロールの基本は、やはりご自身の歯磨きです。
歯の健康を維持するためには、歯磨き(セルフケア)とPMTC(プロのケア)とがうまくバランスがとれていることが大切です。歯磨きの方法などについてご不明な点はお気軽におたずねください。

PMTCについてQ&A

PMTCについてお問い合わせ、ご質問をよくいただきますので、よくあるご質問をまとめました。
定期健診や歯のクリーニングの参考になれば幸いです。

Q1.PMTCって何?

Professional Mechanical Tooth Cleaningの略で、歯科医師、歯科衛生士などの専門家により、さまざまな器具とフッ化物入りペーストを用いて、すべての歯面とその周辺のプラーク(歯垢)を除去する方法です。約20年ほど前にむし歯、歯周病の予防管理を目的として北欧でシステム化され、現在多くのリサーチに裏付け られて着実な臨床実績を上げています。

Q2.PMTCはどんな効果があるの?

歯の表面がツルツルして気持ちいいばかりでなく、プラークに含まれる雑菌を落とすことによるむし歯・歯周病予防の効果があります。また、歯肉の腫れや痛みを抑え、苦痛緩和、歯の延命効果も期待できます。

Q3.PMTCだけで、むし歯や歯周病は治るの?

PMTCはあくまでケア行為ですから、それだけでは病気は治りません。しかし、プロのクリーニングによってお口の中の細菌のレベルが低くなれば、それだけ治療成績も良くなります。

Q4.PMTCを行うのに最適な年齢はありますか?

年齢によって早すぎる、遅すぎるといったことはありません。プロのクリーニングは、いつから始めても一定の予防効果が期待できます。大切なことは間隔を決めて定期的に行うことです。

Q5.PMTCで歯は白くなりますか?

歯の表面の着色は落とすことができますが、歯の色そのものは変わりません。

Q6.PMTCは何回かかるの?

ケースにもよりますが、通常1回から3回くらいかかります。1回のチェアータイムは約30分から1時間を予定してください。

Q7.PMTCはどのくらいの間隔で行うのですか?

その方のリスク(歯や歯肉の強弱、細菌の強さ、唾液の量、着色の程度、生活習慣など)によってさまざまですが、一般的には3~4ヵ月に1回の割合で行います。

Q8.PMTCって痛くないの?

歯のクリーニング専用に開発された特殊なブラシやゴムのカップなどを使うので、痛くありません。PMTCの特長は爽快感と快適さにあります。

Q9.PMTCはだれが行うの?

歯科医師が行う場合もありますが、通常歯科衛生士が行います。

Q10.PMTCにかかる費用は?

患者さんのリスク、歯の汚れ具合などによって、さまざまなケースがあります。詳しいことはご相談ください。
プラークコントロール

ご予約・ご相談はお電話で
048-940-8051