小児歯科

私どもの考える小児歯科とは

私どもの考える小児歯科とは

子どものむし歯治療やフッ素塗布などの予防処置や栄養食事指導、咬合改善の矯正治療などを通じで子ども達の成長・発育を助ける歯科医療です。対象年齢は、お母さんのお腹の中にいる胎生期から出産後の0歳~15歳位までです。永久歯は、萌出後3年間かけてその根ができ上がります。例えば、12歳臼歯と呼ばれている6歳臼歯の奥の歯は、15歳で根が完成します。そうしますと一般的には、親不知を除いた28本の歯牙はすべて15歳で生えそろうことになります。しかし、矯正治療の場合は、顎の発育が続く18歳頃までが大切になります。何歳までが、小児歯科の対象かといいますと、最低でも15歳くらいまでは、小児科と同様に小児歯科の対象になるかと思います。細かい処置については、多少お子さんによって変わりますが、通常の処置内容については、すぐにネットなどで調べることができるかと思います。このサイトでは、私が約30年間、行ってきたお子さんに対する治療や指導方法に限定して掲載しております。下記のことを常に意識してお子さんやご両親と接して治療に予防に楽しんで仕事をさせていただいております。

常に本人と話しながら治療を進めていきます

常に本人と話しながら治療を進めていきます

子どもは、大人の小さい版では、ありません。子どもにも本人の考えや希望がキチンとありますので、常に本人と話しながら治療を進めていきます。親御さんの希望だけで治療を進めることはしません。痛みが比較的少なく楽しく治療を進めて行きますので、治療が初めてのお子さんも安心して治療を受けられます。具体的には、表面麻酔を必ず塗布をして奏功してから細い針で電動の注射器を用いて一定の圧力で麻酔を行います。お子さんの状態によっては、数回に分けて麻酔を行います。時間がかかることもありますが、ほとんど痛みもなく治療を受けることができます。麻酔の後にできやすい口内炎も頻繁に消毒を行うことで発症しづらくなります。

お子さんにとっても歯科医院は楽しい場所に

お子さんにとっても歯科医院は楽しい場所に

治療の種類としては、白い詰め物、銀の詰め物、銀の被せ物の3つです。通常は、白い詰め物で行っていきますが、むし歯の状態によっては銀の詰め物や、被せ物の方が有利になります。見た目は少し気になりますが、生え変わりまでの辛抱です。その代りにダツリや再度のむし歯になるリスクを下げてくれます。特に銀の被せ物については、治療期間や時間も短く、生え変わりまでダツリすることはありません。金属アレルギーを心配される方もあるかと思いますが、永久歯の生え変わりまでの短期間なので心配ありません。私自身30年間、乳歯冠や銀の詰め物を使用してきましたが、アレルギー症状をおこされたお子さんには遭遇しておりません。逆に白い詰め物で気づかないうちに、一部が破損やダツリして、新たにむし歯が進行してしまったり、何度もダツリしてうまく咬めない期間が続くことの方が成長発育に問題です。しかし、最も大切なことは、定期的に通院して歯を削らないようにすることです。そうすることでお子さんにとっても歯科医院は楽しい場所になります。

治療後は、フッ素や歯ブラシ指導とともに食事指導も行います

間食の採り方や種類が大切になってきます

具体的には、お口の中の酸性度を長時間上げたままにしないために、食事の後のデザート感覚で菓子類を食べ、ながら食いはしない。

夜の歯ブラシを優先し、朝は形式的だけでも必ず磨かせる

寝ているときにむし歯になり易いためです。また、朝は必ず磨く習慣は、夜に歯ブラシをしたらその後は何も食べない習慣と合わせて生活習慣の基礎となります。

小さいお子さんは仕上げ磨きと同時にデンタルフロス、フッ素入り歯磨剤、ジェルなどを上手に活用する

歯に関しては、本人が嫌がらない限り、過保護に行い、最後臼歯はなるべく仕上げ磨きを行う。また菓子類は逆に少し制限しながら与え、スポーツ飲料類には注意する。甘いもの好きは、嗜好なのでお酒とたばこと同様である。また、仕上げ磨き、後磨きの行い方にはポイントがあります!!

歯ブラシが苦手なお子さんやむし歯ができやすいお子さんについて

本人もむし歯を作りたい訳ではないので定期的に歯科医院に通院し歯ブラシから本人の意識改革を行う。経験上、3ヶ月経過後に本人の意識が変化してくるようで、歯ブラシの仕方にも変化が現れます。

治療後は、フッ素や歯ブラシ指導とともに食事指導も行います