セレック治療

セレック治療

当医院では、コンピューターシステムによる高精度な人工歯をつくるセレック治療を行っています。
セレックとは医療先進国ドイツにある、歯の修復物を設計・製作をするCAD/CAMシステムです。
3Dカメラで患部を撮影(スキャン)し、セラミックを加工をするので従来の粘土で歯型を取ることがなく、
最短当日で白い歯を作り治療を完了させることが可能です。

セレック治療
  • HOME
  • セレック治療

セレック治療

最短1日で審美性もよい歯の治療

最短1日で審美性もよい歯の治療

通常のはの被せ物など修復物である銀歯や通常のセラミックの歯は、印象という型どりを行い、歯科医から歯科技工士に製作を依頼します。歯科技工士さんは手作業で石膏模型から人工の歯を製作しますが、人の手で作る以上、歯科技工士さんの技術力や経験なども影響し、若干のズレが生じることがあります。そこで、生じたズレを修正するための調整もあり、2回以上の通院が必要でした。

最短1日で審美性もよい歯の治療

一方で、セレックシステムであれば技工所に依頼する必要がありません。
当院にあるセレックシステムで、最短治療当日に修復物が完成し、その日のうちにそれぞれの患者様に合うセラミックの被せ物を装着することが可能です。

セレック治療という選択

セレック治療という選択
 

セレック治療の良い点はなんといっても
患者様の治療による身体的な負担が圧倒的に少ないことです。

 

不快感の軽減

セラミック治療を受けるとなると、従来では歯型をとる型どりのために粘土のようなものを一定時間噛んでいました。これを不快に感じて嗚咽、嘔吐しやすい方は少なくはなかったと思います。セレック治療では、お口の中をスキャンする程度のため、圧倒的に嗚咽や嘔吐感は低減します。

歯や歯肉への負担が少ない

セレック治療は患者様の歯をスキャンしてセラミックを削ったものを歯へ強力に固定するため、歯の強度に近く歯や歯肉への負担は限りなく少なくといえます。また、金属アレルギーの心配がないうえ、金属の被せものや詰め物の境目から細菌が侵入し、新たな虫歯につながるなどの危険性がありません。

セレック治療の予後(メンテナンス)

定期的な状態確認、特に噛み合わせのズレが生じてないかの確認は必須となります。
また、15年後の歯牙残存率を調べた臨床研究によれば、通常の治療では約68%なのに対し、セレック治療は約93%と非常に高い結果を出しています。

ご予約・ご相談はお電話で
048-940-8051